先生・専門スタッフ

歯科選びで最もポイントとなるのは病院の先生、スタッフです。
特にインプラントや審美歯科といった高額治療になると、先生の腕次第では非常に後悔してしまうケースが少なくありません。


池田歯科医院の院長は、他の歯科医への研修や勉強会を行なうなど、その腕は九州でもトップクラス。論文や歯科専門誌への執筆も数多く手がけるなど、まさに「歯科医が通う歯医者」の院長として多くの患者様の信頼を得ています。

院長紹介

院長:池田 正人

池田院長の指導のもと、九州トップクラスの技術を持つ歯科医師と技術スタッフがあなたの歯の健康をサポートいたします。

患者様へのメッセージ

池田歯科大濠クリニックでは皆様が、生涯をよくかめる歯と素敵なスマイルで生活していただけるように、予防とメインテナンスをベースにした歯科クリニックを運営していきたいと考えています。

今までの歯科医院は「痛くなったときにいやいや行くところ」であったと思います。

そしてたび重なる治療の繰り返しの後に、いずれは抜歯 → 入れ歯となり、豊かな人生を享受すべき壮年期~老年期には生活の質が大きく低下してしまうことになります。

こうならないためには、定期的な予防とメインテナンスを通して虫歯や歯周病のリスクをきちんとコントロールしていくことが重要であり、その上に高度なインプラント治療や審美修復治療が成り立つと考えます。

ですから池田歯科大濠クリニックの設計のコンセプトは、皆様に少しでも気持ちよく、リラックスして定期的に御来院いただけるように、従来の歯科医院のイメージとは一線を画し、とくに予防やメインテナンスを中心に行うコーナーでは、サロンやエステを思わせる雰囲気のものになっています。

そして、そこでは皆様が生涯を健康な歯で豊かに生活していただけるよう、池田歯科大濠クリニックのスタッフ全員がプロとしての自覚と責任をもってお手伝いさせていただきたいと思います。

一人でも多くの皆様に私たちの熱意が伝わり、このクリニックをご利用していただければ幸いです。

略歴

1984年 鹿児島大学歯学部卒業

1984年 福岡市タクボ歯科医院勤務

1987年 国際デンタルアカデミー卒業

1987年 池田歯科医院開設

2001年 日本カイロプラクティック協会認定医

2005年 国際顎頭蓋機能学会認定医

2005年 国際口腔インプラント学会認定医

2005年 池田歯科 大濠クリニック開設

2015年 ITI国際インプラント学会 認定医

治療技術セミナー主催

ニューロマスキュラー咬合セミナー 福岡市モリタ 2001-継続中

ボンディットレストレーションセミナー 福岡市ヨシダ 2001-2011

所属団体

国際顎頭蓋機能学会

ICCMO 日本部会

日本口腔インプラント学会

日本歯周病学会

日本審美歯科協会

日本歯科審美学会

日本顎咬合学会

日本包括歯科診療研究会

米国歯科審美学会(AACD)

ラスベガス審美研究所(LVI)

ITI国際インプラント学会 フェロー(認定医)

国際口腔インプラント学会

論文 雑誌投稿

「健康で美しく快適な歯列を求めて」

デンタルダイヤモンドVol.22 No.10 129-135 1997

「機能と形態の調和によるトータルの審美」

 歯科審美 Vol.15 No.1 47-54 2002

「機能と審美を考慮した咬合再構成の術式について」
 クインテッセンス出版 Vol.22 No.1 207-214 2003

「審美的な顔貌を得るための咬合高径の基準」
 クインテッセンス出版 Vol.24 No.1 171-179 2005

「歯周治療における機能と審美の改善」
 自由診療それぞれ デンタルダイアモンド 70-79 2005

「長期経過症例に学ぶ審美修復」
 クインテッセンス出版 QDT別冊 21-33 2006

「ニューロマスキュラーコンセプトの基礎と臨床」
 KKC NMテキストブック2007

「ラミネートベニアできれいになる!」
 クインテッセンス出版 NICO 4-22 2008

「BPRsのための新しい象牙質接着法IDS(Immediate Dentin Sealing )について」
 医歯薬出版 歯界展望 Vol.112 No.4 645-653 2008-10

「咬合治療とTMD-咬合に起因する頸椎症の治療をとおして」
 デンタルダイアモンド第34巻2号 143-152 2009

現代の治療指針「メタルフリーブリッジ」
 クインテッセンスイヤーブック 24 2009

咬合挙上を行う際の臨床ヒント―下顎位を考慮してー
 クインテッセンス出版 The Quintessence Vol.30 No10/2011-2283 Oct 2011

ポーセレンラミネートベニア 1歯から多数歯への応用
 デンタルダイヤモンド 2013年秋季増刊号 第38巻第14号

歯科医師紹介

歯科医師:日高 圭太郎

歯科医師になって、最初の5年は口腔外科で、外科処置に携わってきました。わかりやすく言うと、残すことが困難な歯の抜歯や親知らずの抜歯、また外傷や炎症の治療、腫瘍の手術などです。すべてではありませんが、自分の歯がなくなって食べることが困難になる方々をみてきました。

6年目から一般的な歯科治療に携わってきました。むし歯や歯周病の治療、入れ歯の作製・調整です。

7年目から高齢の方を専門とした「高齢者歯科」で治療してきました。口腔外科では、気づかなかった「歯の大切さ」を実感してきました。むし歯にならないように、少しでも長い期間自分の歯で咬めるようにと望まれる方に接して本当に「歯の大切さ」、「おいしく食べること」がいかに大事であるかということに気づかされました。自分の歯でしっかりと咬んで食べ、歯を守る手伝いができたらどんなにすばらしいかと思い、日々診療しております。

この数年は、しっかり咬めるだけではなく、見た目も重要であることに気づきました。「素敵な笑顔」です。笑顔は幾つになっても重要なコミュニケーションのひとつです。「素敵な笑顔」は周囲の人も自分も元気になります。

歯科治療を通じて、みなさまの豊かな人生のお手伝いをしたいと思っております。

略歴

1999年 福岡歯科大学卒業

2003年 福岡歯科大学 大学院博士課程 修了

2003年 福岡歯科大学医科歯科総合病院
     口腔・顎顔面外科学講座入局

2004年 福岡歯科大学医科歯科総合病院
     総合歯科学講座入局

2005年 福岡歯科大学総合歯科学講座
     高齢者歯科学分野 助教

2010年 池田歯科大濠クリニック勤務

所属団体

日本老年歯科医学会

研修したセミナー主催

2006年 Zimmer Dental Implant Basic Training Course

2008年 ボンデットレストレーションセミナー

2010年 ニューロマスキュラー咬合セミナー

歯科医師:溝口 真由子

卒業後、九州歯科大学附属病院で横田誠教授の下、歯周病の治療や予防、歯周病と精神的ストレスや咬合などについて学びました。

その後、地元の佐賀に戻り、歯科治療をしてまいりました。入れ歯を入れてはじめて自分の歯の大切さに気づく患者さんに多く出会いました。

患者さんがおいしく食事ができ、笑顔で会話ができるようにお手伝いをしたいと思います。

略歴

1998年 福岡歯科大学卒業

1998年 九州歯科大学歯学部歯科保存学第2講座 研究生

1999年 九州歯科大学歯学部歯科保存学第2講座 臨床研修医

2004年 佐賀県 溝口歯科医院勤務

2012年 池田歯科大濠クリニック勤務

スタッフ紹介

矯正歯科医師:日山

患者様へ

矯正治療だけでなく一般治療にも少しずつ担当させていただきますのでよろしくお願いいたします。

受付・マネージャー:坂元

明るく元気をモットーに、日々頑張ってまいりますので、よろしくお願い致します。

歯科衛生士:池田

沢山の患者様が豊かに過ごせるよう心を込めてサポートさせて頂きたいと思っております。

歯科衛生士:吉武

患者様一人一人の要望にお応えできる歯科衛生士を目標に日々努力し、成長していきます。

歯科衛生士:加藤

患者様のお口の健康を守り、笑顔で過ごせるようなサポートができるよう努力していきます。

歯科衛生士:西嶋

いつも「笑顔」を心がけ患者様の不安を取り除き笑顔になって頂けるよう精一杯頑張ります。

歯科衛生士:山口

患者様一人一人のご要望にお応えしお口の健康をサポート出来るように頑張ります。

歯科衛生士:寺崎

常に笑顔で患者様に接し、最高のホスピタリティーを提供できるよう精一杯頑張ります。

受付・歯科助手:田畑

患者様に感動のホスピタリティーをご提供していきたいと思っております。

受付・歯科助手:佐瀬

笑顔をモットーに、不安や恐怖心を取り除き、安心して頂けるよう努めてまいります。

 

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内